MENU

CLOSE

夕方つらいむくみの原因と解消方法は?対策には何が良い?

夕方つらいむくみの原因と解消方法は?対策には何が良い?

495views

カテゴリ:未分類

むくみとは?その原因とは何か

003a82bd299fb4e15d1547f4ba2dc7eb_s

むくんでいる、とはどういう状態か

太ってしまった場合にはその部分を押しても弾力を感じるだけですが、むくんでしまった場合にはその部分を指で押すとその指の跡がくっきりと残り弾力で戻ってはきません。特に分かりやすいのは脛(弁慶の泣き所と言われる部分)や、足の甲の部分です。

むくんでしまうメカニズム

指の跡が残るのはむくんでいる皮膚の下は弾力のある脂肪では無く水分だからです。本来無いはずの場所に水分がたまって、皮膚が張ってしまっている状態なのです。体内組織の細胞は動脈からの血液を通して水分と栄養分を吸収します。

不要になった水分は静脈やリンパに乗って戻るという循環を繰り返しています。それが、何らかの理由で水分が戻れず末梢組織に残ってしまっている状態がむくみです。

むくみの原因

むくみの原因は生活習慣によるものから、医学的に深刻なものまでいろいろあります。

  • 長時間の同じ姿勢

通常の水分の流れ通り上から下へはスムーズですが下から上はある程度労力が要ります。ずっと立っていたりすると、どうしても水分が滞りやすくなり足がむくんでしまう原因になります。

  • 運動不足

水分が心臓に戻るためには、心臓の押し出す力と共に血管の柔軟性が必要です。適度な運動やストレッチで血管の柔軟な動きをサポートします。

  • 水分や塩分の摂りすぎ

単純に水分が多すぎでも循環しきれない原因になります。塩分は水分を呼びこむので摂りすぎると水分も増えることになります。

  • 下肢静脈瘤

静脈には弁がついていて血液(水分)がスムーズに心臓に戻れるように逆流させない働きをしています。この弁が壊れてしまって水分がたまってしまうことがあります。

  • 肝臓疾患

アルブミンという成分は肝臓で作られ、血管内に水分を保持する役割があります。むくんでいる状態は血管外に水分が出てしまって心臓へ戻れない状態のことなので、このアルブミンが不足して血管外へ水分が出てしまうとやはりむくんでしまいます。

  • 腎臓疾患

腎臓は余分な水分を尿として排出する器官です。腎臓の働きが弱くなってもやはり余分な水分がたまってしまうことになります。

  • 心臓疾患

血液循環の大元である心臓が弱り心不全という状態になると水分循環が滞ってしまいます。

むくみを解消する方法と対策

af74d7c6c26b20ab3885b3172368c7d2_s

むくみの原因として疾患がある場合はその疾患の治療によりむくみの解消を試みることになります。それ以外に、生活習慣などによるむくみの解消には下記のような方法は有効です。

できてしまったむくみを解消する方法

  • マッサージ

余分な水分を血管内から心臓の方に戻してあげることが大切です。それには、ふくらはぎのマッサージは効果があります。ポイントとして、足先から膝の方へ、下から上へ向けて水を戻すようになで上げひざの裏にあるリンパ節に水を戻すようにする事です。

そして、脛の骨の両脇を足首から膝へ少しずつずらしながら押していきます。また、入浴後の身体が暖まっている状態が更にむくみ解消に効果があります。

  • ストレッチ

ふくらはぎにある筋肉(腓腹筋、ヒラメ筋)という筋肉をほぐすことでむくみを解消する効果があります。立位体前屈の姿勢で足は左右前後に開く形で左右ともふくらはぎを伸ばします。また、座って足を伸ばし、両足のつま先をつかんで引き寄せるなどは就寝前のゆっくりした時間に行えるストレッチです。

むくみ対策

  • マッサージとストレッチ

予防対策にもやはりマッサージとストレッチは有効です。同一体位の多い仕事の人は、時々ふくらはぎやひざの裏を押したり揉んだりすることと、足の上げ下ろしつま先を回すなどの対策は効果があります。

  • 着圧タイプの靴下やストッキング

むくみ対策用に下肢に圧力がかかるタイプの靴下やストッキングがあります。昼用や夜用などがあります。

  • 水分や塩分の摂りすぎに注意

あくまでも摂りすぎないように注意します。

  • むくみ対策になるサプリメント

むくみ対策になるサプリメントは、余分な水分を排出するカリウムなどのサプリメントが良いでしょう。各種製品が出ていますが、カリウムの排出が過ぎても手足の震えなど体内の電解質バランスが悪くなるような事態が起きるので、サプリメントは少しずつ試してみることをお勧めします。