MENU

CLOSE

むくみを理解するためには、体に含まれている水分量が鍵

むくみを理解するためには、体に含まれている水分量が鍵

168views

カテゴリ:未分類

むくみは人間の体に潜んでいる水分が原因

959fe7f7541ab1924e7323f1323af7db_s

むくみは数多くの女性を悩ませています。特に足にむくみが現れやすく、デスクワークや立ち仕事をしている女性がむくみやすい傾向にあります。むくみができてしまう原因には「人間の水分」が関わっているということをご存知でしょうか?

人間の体は60%は水分でできている

人間の体の約60%は水分でできています。この60%の水分が上手く解消されているときは、体の水分バランスがうまく保たれて健康な状態になるのですが、水分がうまく解消されないと、細胞の隙間に水分が溜まってしまい、それがむくみになるのです。

むくみの主な原因とは

水分がうまく解消されずにむくみになってしまう原因には次のようなものが考えられています。

  • 血液の血行不順

血液の循環が悪くなると筋肉がうまく働かなくなります。筋肉の働きによる熱で水分が解消されるので、血行が悪いと水分の解消に影響が出てきます。そのためむくみになりやすいのです。

  • 運動不足

適度な運動をすることで、筋肉を正常に働かせて血液循環をスムーズにすることができるのですが、運動不足だと水分を解消する力が不十分なため、むくみにつながってしまいます。社会人になると、日常的に運動する機会が少なくなるのでなるべく運動する機会を作るように努力しましょう。

筋力トレーニングのような激しい運動じゃなくても大丈夫です。ウォーキングやサイクリングのような有酸素運動でもむくみ解消になります。

  • アルコールの摂取

アルコールが好きな女性も多いかもしれませんが、なるべく控えるようにしましょう。アルコールを摂取すると血中のアルコール濃度が高くなります。そのアルコール濃度を下げるために、体中の水分が「溜まろう」とするのです。

それでむくみやすくなります。お酒を飲んだ翌日にむくみやすくなるという女性は意識してみるといいかもしれません。

  • 偏った食生活

特に濃い味付けの食べ物を好んでいる女性は注意が必要です。体の水分と塩分のバランスが乱れてむくみになります。なるべくバランスのとれた食事を3食食べるように心がけてください。余計な間食も控えるようにしましょう。

  • 病気

病気が原因でむくみが起きる場合もあります。特に心臓病にかかった経験があると足がむくみやすいと言われています。腎臓病や肝臓病の場合は体中がむくみやすいです。

  • 生理不順

生理が近づくとむくみやすい女性も多いようです。この時には、ホルモンバランスの乱れが原因だと考えられます。生理不順=ホルモンバランスの乱れなのです。

むくみ対策には是非サプリメントを利用したい

7480bddcac7e662c7ad7489c81830bb1_s

先ほど挙げたようなポイントに注意しても、なかなかむくみが解消されない女性もいるでしょう。その対策には是非サプリメントを利用してみてください。むくみ解消に焦点を当てたサプリメントが開発されているのです。

この場合のサプリメントは、体の栄養バランスを整えることに意識を向けられて開発されています。いったいどのような栄養が含まれているのでしょうか?

  • カリウム

カリウムは塩分の排出を促す働きがあります。カリウムを取り入れることで、水分と塩分のバランスを保つのです。

  • サポニン

悪玉コレステロールを排出してくれる作用があります。老廃物を吐き出すことでむくみが起きにくい体質を目指すのです。

  • ポリフェノール

ポリフェノールは血液をサラサラにしてくれる効果があります。血液循環の悪さはむくみの元ですから効果的です。

  • ビタミンB1

糖質分解のサポートとサラサラな血液を作り出すサポートをしてくれます。

  • ビタミンB6

血液循環のサポートとタンパク質の分解をサポートしてくれます。ビタミンB6はホルモンバランスを整える働きも見せてくれますから、生理不順によるむくみにも効果覿面です。