MENU

CLOSE

お酒を飲んだらなぜむくみ?寝る前のむくみ対策

お酒を飲んだらなぜむくみ?寝る前のむくみ対策

235views

カテゴリ:未分類

お酒を飲んだ次の日にむくむ理由

e39526f62855288523c216a53e087aa0_s

お酒とむくみの関係 

お酒に含まれるアルコールには、利尿作用があります。お酒を飲んでいる時に、トイレに行きたくなるのはその為です。そして、体内の水分は尿として排出されてしまう為に、体内のアルコール濃度はどんどん高くなっていきます。

人間の体は、アルコール濃度が高くなると危険を回避する為に血管内に水分を蓄えようと作動します。その際に、必要以上に水分を取り込んでしまうことでむくみが起こるのです。

お酒は血管内の水分を減少させる 

お酒を飲むことによって、血管は膨張します。血管の中でも血液を多く流す動脈の毛細血管には、小さな穴が空いていて、膨張することにより血液の中の水分が血管外へ流れ出てしまうのです。そして、体内に水分が溜まっていく為に、むくんだ状態が起こってしまうのです。

お酒のおつまみ 

お酒を飲んでいる時は、味の濃い塩分多めなおつまみが食べたくなります。塩分が多い食べ物は水分を欲する原因となります。また、水分を溜め込む性質があるので、むくむ状態を促進させることへ繋げてしまいます。

むくみを解消する方法

21c8271d1f978fedf786c1faede1ebfd_s

ぬるま湯に浸かる 

お酒を飲んで帰って来たら、ぬるま湯に浸かることで余分な水分を排出することが出来ます。人肌程度の温度で、約20分間浸かるだけでも次の日のむくみが抑えられるのです。入浴する際には、高温と長時間の入浴は避けましょう。お酒を飲んでいる時は、体が水分を欲している脱水症状と同じ状態です。急激に汗を掻くことは危険です。

頭皮マッサージ 

お酒を飲んだ時はついお風呂も簡単に済ませがちです。しかし、お酒を飲んだ時こそ、頭を洗うついでに頭皮マッサージをすることでむくんだ状態を解消することが出来るのです。むくむ原因はリンパの流れが悪いことも挙げられます。よって、指先を使って頭皮を刺激してリンパの流れを促してあげましょう。首筋やこめかみも一緒に刺激して下さい。

サプリを活用 

時間に追われる中で、なかなか時間をかけて対策を行えない人におすすめは、カリウムが含まれているサプリです。カリウムには利尿作用がある為、デトックスの効果が期待出来ます。よって、むくむ原因でもある体内の水分を調節することが出来ます。

また、老廃物も同時に解消してくれるので美肌に対する効果も期待できます。その他には、体内の塩分濃度を上げてしまうナトリウムを分解する作用もカリウムには含まれています。よって、むくむ原因を抑える為に有効なのです。

ポリフェノールを摂取する 

ポリフェノールには抗酸化作用がある為に、新陳代謝の促進やアンチエイジングにも効果があります。寝る前に温かい紅茶を飲むことで、次の日のむくみをやわらげることが出来ます。寝る前に飲むことに抵抗がある人は、カカオ豆や大豆が多く含まれたサプリを飲むこともおすすめです。

頭を高くして寝る 

寝方によっても対策を取ることが出来ます。ポイントは頭を高くして寝ると言うことです。血の巡りを全身に流しやすくしてあげる効果があります。お酒を飲んだ次の日は顔も腫れぼったくなりますが、頭を高くして寝ることである程度解消することが出来るのです。

足がだるいと感じた時は、座布団などを足の下に引くことで足のむくむ状態もやわらげることが出来ます。

トマトを摂取する 

トマトには新陳代謝を活発にするクエン酸が多く含まれています。また、カリウムも多く含まれているので体内の塩分を調節することにも効果があるのです。寝ている間に不要な塩分などを汗として放出する為に役立ちます。

しかし、摂取し過ぎには注意しましょう。トマトは体を冷やす効果もあり、水分も多く含みます。ジュースなら飲みきりサイズ、野菜なら1個に止めることがポイントです。