MENU

CLOSE

妊娠時に特に気になる下半身のむくみ!原因と楽になる解消方法

妊娠時に特に気になる下半身のむくみ!原因と楽になる解消方法

498views

カテゴリ:未分類

妊娠時によくあるトラブル・むくみの原因

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s

妊娠中に見舞われる辛いむくみの症状

妊娠中の多くの女性が抱えることになるトラブルの一つがむくみです。立ち仕事やデスクワークのかたなどと同じく、同じ姿勢を長時間取り続けていることが多くなってしまう妊娠中期以降に特に酷い症状に悩まさせれやすくなります。

この頃になるとお腹が大きくなり始め、妊婦自身も体重が増加して身体が重くなってくる頃です。そのため、足が太くなったり顔に丸みが増すようになっても「妊娠太りしてしまった」と思い対策をしないことが少なくないのですが、実際にはむくんでしまっていることが原因であることが少なくありません。

むくみは皮下組織に水分が溜まることで腫れる現象で、痛みは基本的に伴いません。しかし、パンパンに腫れてくると指で押しても元に戻りづらくなったり、跡が残るようになってしまいます。症状が酷い場合には病気も疑われることがありますので、心配であれば一度産婦人科で相談するのがおすすめです。

妊娠時期で変わってくるむくみやすくなる原因

一般的にむくみの原因となるのは塩分の摂りすぎや水分の摂りすぎ、運動不足といったものになりますが、妊娠中の女性は胎児に栄養を届けるために通常時よりも血液量や体内水分量が増えている状態でいつも以上にむくみに敏感な体質へと変化してしまっています。

妊娠の12週目以降から血液量が増加していき、30週をピークに妊娠する前の1.5倍近くになるといわれているほどです。また、妊娠中期と後期でも異なる原因でむくみが生じやすくなります。

  • 妊娠中期

安定期に入って以降は活発に身体を動かせるようになりますが、身体は変化しているわけですから妊娠前と同じように過ごしているとむくんでしまいやすくなります。エストロゲンの働きで皮下組織に水分が溜まりやすくなっており、なおかつ胎児の存在で骨盤が圧迫されていますので、歩きすぎたり座って長時間の作業をするなどしていると足の血流が悪くなってパンパンに腫れてしまうことがあります。

  • 妊娠後期

この頃になると胎児の重みはかなりのものです。足の付け根の血管が圧迫させるようになりますから、太股から足先にかけて下半身全体のむくみが顕著になってきます。あまりにも症状が重い際には妊娠高血圧症候群の発症リスクが高まりますので、必ず医師の診察を受けるようにしてください。

辛い症状の解消手段

9d5e8e311a6a501adc7da5e57cfecd85_s

下半身を持ち上げて老廃物を流す

どうしても下半身の血流が悪くなる妊娠期は、意図的に水分や血液、老廃物を上半身へと流すように対策を行っていくことが大切です。寝そべっている状態で足の下にクッションなどを敷き、足の位置を高く持ち上げるようにすることで血の巡りがよくなります。そのままの状態で少し足を浮かせてバタ足のように振るとさらに効果的です。

気持ちいいと思える範囲でマッサージ

足の裏からふくらはぎなどを中心にマッサージすることでむくみは随分楽になります。お腹が大きくなり自分では難しいという場合には、パートナーにお願いしてコミュニケーションを取りながら行うのがおすすめです。

足を温めて血行促進

冬場だけではなく夏場でも冷房などであっという間に身体が冷やされてしまうことが多いため、厚い靴下やひざ掛けなどで対策を怠らないようにしてください。足湯などでゆったりと温めることで気持ちよくむくみ解消をすることもできます。

運動不足を解消

身体が重いと動きたくなくなるものですが、調子がいい時には無理をしない範囲でなるべく歩くようにしてください。ふくらはぎが持つポンプ機能を衰えさせないためにも大切です。

解消効果のある成分を取り入れる

妊娠中も摂取しているかたが多い葉酸サプリはむくみ解消効果があります。サプリ以外にもむくみの原因となるナトリウムを排出するカリウムが豊富なフルーツなどを積極的に摂取して対策すると効果的です。普段の食事も塩分を摂り過ぎないように注意してください。