MENU

CLOSE

むくんでからじゃ遅い?日常的に行いたいむくみ対策

むくんでからじゃ遅い?日常的に行いたいむくみ対策

175views

カテゴリ:未分類

知っておくべきむくみの基礎知識二つ

69b66d9ad7bf0a25d7dbd3d74ac1eeef_s

むくみは放置してはいけない

むくみというのは大した事がないと思って放置していると大変な事になります。むくみやすい部位としてあげられるのは足ですが、足のむくみを放置するとそのまま見にくいセルライトになってしまう危険性があります。

セルライトというのは一度できてしまうと除去がとても大変です。見た目も良くありませんから、できればそんなものは作りたくないと思う人がほとんどでしょう。またむくみを放置する事で、足が太くなってしまうというのも無視できない悪影響です。

またもっと重篤な状態としては、むくんでいる部分に痛みを感じるようになるという状態があげられます。場合によっては歩行に支障をきたす程の痛みになってしまう危険性があると覚えておきましょう。

その他にも、あまりにもむくみが酷いという場合には、肝機能が弱っていたり病気の可能性が考えられます。それにも関わらずむくみを一切気にせずに放置してしまうと、そういった病気を見逃す事になってしまうので注意が必要だと言えるでしょう。

むくみ対策は後手にまわらない

むくみ対策は後手にまわってしまってはいけません。というのも、日々のむくみをその日の夜にとるのに精一杯という状態では、なかなか根本的なむくみ解消ができなくなってしまいます。むくみが出来てからそのむくみを一生懸命解消して終わりではいけません。

その先の今後むくみを作ってしまわないような対策も同時にとって、むくみの先をいく必要があります。これができないと、むくみに振り回されるだけになってしまうと言えるでしょう。その日のむくみの改善に加え、日常的にしっかりとむくみ予防というのも生活に取り入れていくように心がけてください。

簡単に続けられる日常的なむくみ対策

9d5e8e311a6a501adc7da5e57cfecd85_s

体が冷えてしまわないようにする

体の冷えというのは血の巡りを悪くします。そして血の巡りがわるいと、どうしてもむくみやすくなってしまいます。今は夏でも室内はエアコンがききすぎていて体を冷やしてしまう危険性があります。なので季節関係なく、体を冷やさない工夫というのはとても大切になります。

例えば腹巻きや毛糸のパンツ、カイロなどのちょっとしたアイテムを使って効果的に体を温める、飲み物は冷たいものではなく常温もしくは温かいものを飲むように心がける、これだけでもかなり血の巡りというのは変わってきます。

体の冷えをとればむくみ対策はもちろん免疫力アップなどにも繋がりますから、やってみる価値は十分あると言えるでしょう。

同じ体勢を長時間続けない

仕事がデスクワークだと、同じ体勢を長時間続けてしまうなんていう事は日常茶飯事でしょう。しかしそれ自体がむくみの原因となります。定期的に体勢を変えてみたり、座ったままで良いので足の指の開閉、かかとの上げ下げ、つま先の上げ下げなどで足を動かしましょう。

また座りっぱなしではなく、できるだけ立ったり歩くようにするというのも有効なむくみ解消及び予防の方法です。簡単な心がけなので、是非今日からやってみてください。

利尿作用のある飲み物を飲む

体に余計な水分を溜め込みすぎてしまわないというのも、むくみ予防としてはとても大切です。適切な水分補給は必要ですが、必要以上に水分をとり過ぎてしまわないようにするという事も忘れずに覚えておきましょう。

また利用作用のある飲み物を飲むようにするというのも、効率的良く体の余分な水分を排出しむくまないようにする方法の一つです。利尿作用がある飲み物としてあげられるのが、コーヒー、紅茶、ハーブティーなどです。もちろんこれらも飲み過ぎはいけませんが、適度に飲めばしっかりと効果を発揮してくれる事でしょう。

むくみサプリを使用する

むくみに効果のあるサプリというのはたくさんあります。例えばカリウム配合のサプリ、メリロート配合のサプリなどはむくみサプリとして役に立ちます。サプリは飲みだけなので、日常的なむくみ予防としては最も続けやすいと言えるでしょう。それでいて効果にも期待できるという事で、むくみに悩まれる方にはもれなくお勧めです。