MENU

CLOSE

むくみの元凶はどこに?これでむくみを解消!

むくみの元凶はどこに?これでむくみを解消!

164views

カテゴリ:未分類

むくみのメカニズム

e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_s

むくみとは

人間の体内には血管の他にリンパ管というリンパ液を運ぶ管が張り巡らされています。リンパ液はリンパ管をとおって、体の節々にあるリンパ節に集められ、最終的には静脈へと合流します。

リンパ液がスムーズにリンパ節や静脈へ戻ってこられればよいのですが、様々な原因によってリンパ液が滞り、老廃物や不要な水分が溜まって起こる症状をむくみと言います。人の身体の60%は水分で構成されているのですが、その水分が上手く回収されず、細胞の隙間に溜まってしまった状態の事です。

特にむくみやすい部位は顔や手足で、女性や高齢者に多くみられます。むくみの主な原因は、生活習慣や疾病と考えられており、手足だけではなく顔やお腹もむくむことがあり、何らかの病気のサインである場合もあります。

むくみの原因

  • 心臓病や肝臓病等の内臓疾患や甲状腺機能低下

病気が原因の場合、むくみが起きるシステムや部位はそれぞれ異なります。心臓病は足、腎臓や肝臓からくる疾病は、体中がむくむとされています。

  • 血液の循環不良やリンパの停滞

いわゆるエコノミー症候群に代表されるように、同じ姿勢を取り続けて血液の循環が悪くなったり、不規則な生活で自律神経が乱れるとむくみやすくなります。また冷え性の方も冷えている部分の血管が収縮し、血液の循環が滞ってしまう事でむくみます。

  • 運動不足

血液やリンパ液は自力で移動することができないので、筋肉を収縮させポンプとなって基礎代謝を上げる必要があります。しかし運動不足により筋肉が動かないと、血液も滞ってしまいます。また運動不足によって筋肉が衰えると、ポンプ機能自体も衰えて血行不良や代謝不良になり、むくみの原因になります。

  • 偏食、アルコールの摂取

塩分の多いものを食べると体内の水分と塩分のバランスが乱れ、塩分が水分を貯め込む為、体から水分が排出されにくくなります。また飲んだ翌日に顔がむくむのは、アルコールが血中のアルコール濃度を下げようと身体が水分を溜めこむ為です。

  • 新陳代謝や体温調節機能の低下

新陳代謝の低下もむくみの原因となります。新陳代謝とは身体の中で古くなったものを捨てて新しいものを取り入れようとする働きで、新陳代謝が働かないと水分の排出がうまくいきません。また現代人は空調の効いた環境に慣れてしまっており、代謝機能が低下して水分が溜まり、むくみの原因となります。

むくみを解消するには

534aa2ab41299d94439e0f4e7ddbaa5d_s

  • 食生活の改善

海藻や豆類等、カリウムが多く含まれる食品を摂るようにしましょう。カリウムは余分な塩分の排出を促し、水分量を適正に保ちます。その他にスイカや胡瓜に多く含まれるサポニンや血液をサラサラにするポリフェノール、ビタミンB1やビタミンB6もやはり糖質の分解を助け血液をサラサラにするのでむくみ解消には効果があると言えるでしょう。

またこれらの栄養素を食品で摂取するのは難しいという方には、サプリの活用もおすすめです。カリウムサプリ等が代表的なむくみ解消サプリです。

  • 水分補給をこまめにする

私達の体は汗等で一日2リットルの水分が失われています。体に水分が足りないと血液がドロドロになり、体の細部まで血液が送られません。その結果リンパ液も滞りむくみが生じてしまいます。

水分はなるべく常温の水を一日2リットルは取るようにしましょう。またコーヒーや紅茶等、利尿作用がある飲み物を飲んで、余分な水分を体外に排出する事も大切です。

  • 身体を温めて血行を良くする

お風呂などで身体を温めて毛細血管を開かせ、体の隅々まで血液を送りこむことが大切です。血行を良くすることによって、身体は正しく水分を使えるようになり、不足していた部分に水分を届けたり、余分な水分を上手に排出することが出来るようになります。

  • 運動やストレッチ、マッサージでむくみ対策

軽いジョギングやウォーキング等でも充分効果があります。リンパ節は年齢とともに硬くなるので、ストレッチやマッサージ等で関節をほぐし、凝り固まったリンパ節を開いて柔軟にする事で、血液やリンパ液の流れをスムーズにします。

また足のマッサージはむくみ対策に有効です。ふくらはぎを中心に凝り固まった足の筋肉をほぐしてあげる事で、足に溜まっていた余分な水分が身体の方に戻ってきます。