MENU

CLOSE

むくみの原因まとめと、今日からできるむくみ対策ストレッチ

むくみの原因まとめと、今日からできるむくみ対策ストレッチ

193views

カテゴリ:未分類

むくみの原因とは

63d548433c9e590fdfd39a2ba750198a_s

長時間の立ち仕事 

むくみの大きな原因の一つは、長時間の立ち仕事です。体の水分は、血管を通して血液と共に全身を流れます。その中で、不要になった水分は体外へと排出されます。そこで血液を全身に運ぶ為に重要となる組織がふくらはぎです。

第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎがポンプの役割となって、静脈を通り心臓へ血液や水分を戻して不要物などを解消せさます。しかし、長時間の立ち仕事をしていると血液が圧力により下半身に滞り、上手に心臓へ戻らなくなってしまうのです。よって、むくみが発生します。

塩分や水分の過剰摂取 

塩分には、水分を吸収する働きがあります。しょっぱい物を食べると喉が乾く原理と同じです。体の中の塩分濃度が高まると、決められた濃度まで下げようと体が働く為に、このような現象が起きます。そして、水分を過剰摂取すると、血液内の水分が増えてしまいます。

しかし、血液内に留まることが出来る量は決まっている為に、血管から体内へと不要な水分を放出するのです。よって、体内に水分が溜まることでむくみが起きます。

筋肉の衰え 

血行とむくむ関係は比例しています。血行が悪くなれば、むくみやすくなるのです。血行を促す為には、筋肉が重要なポイントです。筋肉が衰えることで、心臓へ血液を戻す力も弱まります。体の不自由なお年寄りの足がむくむのは、筋肉の衰えが原因です。

また、肝臓や心臓などに疾患を持っている人も、血液を正常に流す力がない為に、むくむ症状が現れます。

むくみに効くストレッチ

af74d7c6c26b20ab3885b3172368c7d2_s

椅子を使ったストレッチ 

長時間同じ状態や立ち仕事をしている人におすすめのストレッチです。椅子に浅く腰をかけます。その状態でつま先を立てましょう。その状態から足の指を内側に折り曲げます。足の甲を前に押し出す感覚で行いましょう。

次は指を逆側へ折り曲げます。つま先立ちのような感覚で行いましょう。この時点で、足裏とふともものむくみがスッキリ解消していくのが実感出来ます。10秒感覚で10回ほど繰り返しましょう。

もう一つの対策は、小さなバタ足を繰り返すストレッチです。同じように浅く腰をかけたら足裏をしっかりと地面に着けます。その状態でかかとは着けたまま片方の足の甲を剃り返す感覚で自分の胸に向かって折り曲げます。

ふくらはぎが伸びてスッキリします。10秒間隔で交互にバタ足のように繰り返します。オフィスで簡単に取り組める対策なので、会社でこまめに行いましょう。

床上で行うストレッチ 

帰宅後や入浴後に1日の足の疲れを癒す際におすすめのストレッチです。ますは横になり、両足を天井に向けて上げたらブラブラと揺らします。足に溜まった血液を心臓へ戻す対策です。

足がほぐれたら、寝た状態で片足を上げます。膝を伸ばした状態で足首を前後左右にグルグル回します。1分間行ったら足を変えて逆側もストレッチを行います。次は足を伸ばした状態で上半身を起こします。腰と足が90度になるように座ります。

その状態で膝を伸ばしたまま片足を上げましょう。太ももを胸に近づける感覚です。手はふくらはぎに添えて体を安定させます。10秒キープしたら、元に戻して反対側の足を行います。足全体がスッキリするので、疲れも取れてむくみの解消に効果的です。

ストレッチと共にサプリを飲用する 

サプリを毎日飲用することも有効な対策なのです。サプリは、塩分を分解する働きのあるカリウムが多く含まれたタイプを選びましょう。現代は、加工食品の普及によって知らない間に塩分を過剰摂取している人が多いです。毎日サプリを飲用することで、芯から体を改善させることが出来ます。

また、カリウムの多い食材でも、加熱してしまうと約30%もの要素が減ってしまうのです。よって、食べ物により必要なカリウムを摂取するには限界があります。その点、サプリは飲用するだけで、安定した要素を吸収することが出来ます。

忙しい社会人にとって手軽に摂取出来るサプリは、むくみを解消させるための対策に欠かせないのです。